読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリア ~こまちの独唱~

こまちの日々つれづれなるままに

お母ちゃん

お母ちゃんのことを思い出す

お母ちゃんは病気がちで、いつもしんどいと言っていた。

でも子育てには厳しく、一年生の時硬筆を何度も書き直させられた。

あれはツライ思い出だ。

あのせいで私の中でお母ちゃんは鬼婆になった。

それでもお母ちゃんが好きで、母の日に少ない小遣いを貯めてシュークリームとジュースと道ばたで拾った花を添えたらめちゃ怒られた。こんなんせんでええと。

道ばたの花も大切に育ててはるひとがいるかもしれんのに、勝手に取ってくるなと。

ま、正論やわな。

でもな、子供としてはありがとうの一言欲しかったのではないかと思う。

私はふて寝したけど。

だから母の日は嫌いだ。

もうお母ちゃんはいないけど。

思い出すから

大人になってからの方がやさしかったな。

あんたはそれでいいんやでって。

言ってくれてる気がした。

いつもいつも。

ありのままの私を大切にしてくれた。

あんまりがんばりずぎたらあかんえって。

もう私の周りには頑張れと言う人しかいない。

私は頑張っているんだ、なのに頑張れという。

がんばります!と言ってしまう。

それでええのかな?

わからんけど。